画家AKi AKi研究所 ゴーグリーン
AKi研究所 ゴーグリーン 業務概要図

研究内容

人間の研究とは、さまざまな要素が重なり、とても複雑な構造の上に存在しています。私たちは、AKiの取り巻く環境を各それぞれのジャンル(作品医学・福祉社会家族)に分類し、それぞれのジャンルを一つひとつ深く掘り下げながら、また各ジャンルの連動を図りながら、特異性、特質性、ポテンシャル(可能性)を探るのと同時に、各研究により発見されていく、新たな価値観、新たな創造を、社会と連動しながらアウトプット( 執筆、講演などのご依頼はこちら)しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

1「作品」コラム

1.3 下画き 

AKiは絵を画く時、基本的に下画きやデッサンを行わないが、そのまま、迷う事も悩むことも無く、筆を走らせていく。AKiはデッサンが苦手?モノを見て画けない? という疑問がわいた。そもそもデッサンとは何か? 何の意味があるのか?モノを見て画くことに何の意味があるのか? 私たちは行為の意味と意義を調べる中で、AKiの特質的な行動に気付く ⑴ 興味のあるモノは、いつどんな時でも、どんな処でも、ずっと見つめる。触ってみる。ちょっといたずらしてみる。いつの間にか、時間という概念から外れ、とにかく自分が納得いくまで観察し洞察する。1時間だろうが、2時間だろうが、時に日を跨ぐ時も ⑵ 徹底された観察や洞察により脳裏に焼きつかれた画像は、絵を画く作品構想が頭の中で熟成させていく ⑶ 画く時、迷いも、悩むことも無く、頭の中で完成された作品を、パソコンからデータが送られた印刷機のように、ただ忠実に筆を走らせていく。体では画くという行為をしながらも、頭の中では今後の作品構想を吟味している【見解】デッサン、モノを見て画くという行為は、あくまでも本作品への「準備期間」であり、同時におこなわないといけないルールもない。本作品へ向けての準備をいつ、どこでやるのか?である。AKiの場合は、24時間、365日、トイレに行く時も、ご飯を食べている時も、移動の時でも、寝ている時でも、絵を画きたいがために、常に日頃から頭の中で繰り返されているのである。その結果、煩悩(迷い、悩む)を削ぎ落とした状態で画くことができ、AKi作品の特徴である「無垢な表現」に繋がっていると考えられる。

2「医学・福祉」コラム

2.1 色眼鏡

医学の発展と共に、福祉サービスの充実化が進む中「精神遅滞」「精神薄弱」という名称から、差別的な側面に配慮し「知的障がい」に変わり、福祉施策の対象者としての定義として、自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害など細かく分類されるようになったが、これはあくまでも「福祉施策の対象者としての定義」であり、未だはっきりとした定義が成されていないのが現実である。「人類の99%が何らかの障がいを持っている」ことは有名な話である。AKiを研究していく上で、AKiを知らなければいけない。しかし、障がいの名称を聞いたところで、統計的な、表面的なことしか分からず、時に、違う見解にいたることもある。ここまでくると「障がい」ではなく「個性」であることだと心底感じるのである。ある時、父(木下)が「AKiを知りたいのであれば、子育てをすると分かるよ」とヒントをくれた。それから6年間、子育てを中心とした生活に切り替えAKiの研究を行ってみた。一人目の子育てには、子育てすることに精一杯で、正直、研究どころではなかったが、二人目を授かることができ、多少の余裕をもちながら研究を進めることができた。子育てしている中で、幾度も遭遇した、日々成長していく中での我が子とAKiとが同じ感覚をもった瞬間。ここまで鮮明に、明確にAKiを知れたことは、大きな驚きであり、大きな成果を得ることとなった。人間は成長(経験)と共に、さまざまなことに対して学習し、それぞれの判断を下していく。最初は白と黒しか判断できないことも、成長の過程でグレーの判断を下せるようにもなる。が、しかし、グレーというものにあまりに慣れてしまうばかり、純粋さや、無垢さを失っていくのである。我が子を育てる中で、2歳〜4歳の純粋な、無垢な意見、疑問には幾度も驚かされた。そして、忘れかけていた大切なことを幾度も気付かせてくれるのである。AKiの脳機能の中で、3歳〜4歳ぐらいから成長が止まっている、もしくはゆっくりと成長し続けている部分がある。AKi作品への評論の中で、純粋、無垢という言葉が度々出てくるが、おそらくこう言った部分から沸き起こるメッセージ(意見、疑問)が一つひとつの作品の題材となり表現されているのだろう。【余談】子育てをして、子育ての輪に参加して感じたこと。多くの人が時間に追われるばかりに、子に耳を傾ける余裕を失ってしまっている。子たちが発している”大切なこと”に、私たち大人は耳を傾けられていない(気付いていない)のが現実である。このままではいけない、何とかしなければと本能的に感じながらも、時間は止まらない、止められない。グレーをさらにグレーに、そして社会はどんどん複雑化へ創り上げているのである。これは福祉も同じ。障がいの名称が分類されたところで、安定剤のような薬ができたところで、一時的には解決、満足できるかもしれないが、中長期的に考えた時に、それが本当に解決できたのか疑問が残る。知的障害、自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害などはあくまでも「福祉施策の対象者としての定義」であり、その定義に私たち周りの者は変な色眼鏡をつけてしまい、踊らされているようにも感じる。日頃より、個性(一人ひとりの人間)として耳を傾ける(向き合う、付き合う)姿勢を、私たち一人ひとりが身につけることが大切ではないでしょうか。

3「社会」コラム

3.1 新たな時代 

パーソナルコンピュータが誕生し、庶民でも手に届くようになった時代、私は真っ先に噛り付いてみた。当時は、プログラミングにより便利な機能が生まれるごとに、大きな感動を覚えた。プログラミングが苦手だった(致命的)私は早々にこの道を断念したのであった。当時、人工知能はまだまだ夢の話しであったことを覚えている。そして時が経ち現在、AI(人工知能)が誕生した。とても素晴らしいし、嬉しいことである反面、私たち人間社会を今後大きく変えてしまう存在でもある。数十年後には現80%の職が変わると言われているが、そんなに遠くない未来だと感じている。電源さえあれば、24時間、365日、愚痴も言わず、休み(疲れ、病気)、有給休暇、給与の交渉すら必要もなく、ストもない。指示されたことを100%こなしてくれる。さらに学習機能をもつことにより、より多くの仕事をこなせるようになる。会社の経営者の立場(利益追求)として考えれば、人間よりAIを採用していくのは当然であろう。ライバル企業も採用していたら、なおさらAIの採用にひた走るだろう。そんなことを考える前に、会社が存在できるのかどうかを心配した方がよいのかもしれないが・・・便利なモノを求め、車、冷蔵庫、洗濯機、電話などが開発され量産された。結果、一家に一台は当たり前の時代へ。車や電話にいたっては一家に一台どころか、一人に一台。娯楽を求め、テレビ、ゲーム、カメラ、スマホが開発され量産された。結果、私たちは子育てや家族の時間を削りはじめ、睡眠時間をも削った。気が付くと家の中にはモノだらけ、さらに人間の住む環境をも削っていた。肥満する者が増え、食事制限(ダイエット)する人が増えた。不健康にどんどん肥大した消費社会は舵をきらざるをえなくなり、二つをどう一つにするのか、三つをどう一つにするのかといったように「削減」の時代へ突入したのである。モノはもちろん、モノを作っていた会社も、その会社に勤めていた人間も、次々に削減されていく。そして、人間に代わって活躍していくのが、AIである。一見とても恐ろしい未来が待っているかのように想えるが、今まで人間がやらなければいけなかったことを、AIが人間の代わりにやってくれると考えると少しは気が楽になる。私たち人間は、新たな役割(今までできなかったこと)に人生(命)を費やせるのである。AIの登場により幕開けされた新たな時代は、人間一人ひとりの、生き方(存在 新たな価値観)、生きる意味(目的 新たな創造)を考え直す良い機会=タイミングを迎えているのである。私たちは、この基礎研究を基に、前の時代より既に特異性、特質性を遺憾無く発揮しているAKiに着目し、新たな価値観、新たな創造となるヒントを求め、日々、研究に取り組んでいる。

4「家族」コラム

4.2 願い

「障がいがあろうがなかろうが、活躍できることにもっと挑戦し、もっと社会で活躍して欲しい」AKiの父と出逢った時に、聞いて驚いた衝撃的な言葉だった。それは、息子AKiに対して教えてきたことであった。当時、出逢って間もない私にとって、正直、”知的障がい者”のAKiに対して、その厳しさがスパルタにも感じたことを覚えている。その後、月日を共にしながら、AKiが生まれた時、知的障がい者と告げられた時、自傷や多動によって多くの人に迷惑をかけた時、絵画きとして歩みはじめた時、プロのミュージシャンと共に仕事した時・・・さまざまなエピソードを少しずつAKiの父(木下)から聞かせてもらった。そして、ある時、気付くのであった。これはあくまでも「個」の意見であり、父が我が子に教える基本的なことであり、障がいがあろうがなかろうが子をもつ親だったらそう願うだろう、と。「障がい者」=「ハンディキャップ」「かわいそう」「たいへんそう」=「応援して”あげなきゃ”」日頃、メディアや知人からの情報と知識により、「障がい者」「障がい者の家族」という勝手なイメージが作り上げられてしまい、当初、その視点から私は感じ取ってしまっていたのであった。現状として、障がい者の判定数は年々増加している。そして超高齢化社会への突入と子育ての苦難。福祉というカテゴリーの中でも、それぞれの立場の当事者や、家族からしてみたら、もっとサービスを充実して欲しいと願うのは本音である。子育て中の私も、充実してもらえたことに純粋に喜びを感じている。その反面、誰かが負担し、最終的には、我が子が負担させられていくのである。このままでは国の財政をどんどん圧迫していくことになるのと同時に、国民ひとり一人へもっと多くの負担を背負わせていくことになるでしょう。父が子に想う気持ち「障がいがあろうがなかろうが、活躍できることにもっと挑戦し、もっと社会で活躍して欲しい」自分たちの足跡が、将来、少しでも何かの突破口になれればと願い、日々奮闘するAKi親子がいる。そして、笑いながら父は話す「AKiも税金をいっぱい収めるようになったらいいね」と。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。